レーシックの後遺症

レーシックにはどのような後遺症があるの?

レーシックの後遺症に関する説明

レーシックにはどのような後遺症があるのでしょうか。
また、そのリスクはどのぐらいの割合なのでしょうか。

まず、レーシックで最大の懸念となる「失明」に関してですが、
レーシックで失明したという例は1件もありません。国内だけでなく、レーシックの本場アメリカでもレーシック手術で失明したという報告例はありません。

2008年、銀座眼科で感染症による集団感染事件が起こりました。
しかし、感染症は安易に低料金のクリニックを選択してしまったことによる不運としか言いようがありません。

レーシックの料金がなぜ高いのか、考えたことがありますか?
機器の料金の高さも理由に含まれますが、毎日のメンテナンスコストが非常に高いからです。
ですから、料金を下げられるとしたら、症例数の多い大手以外はあり得ないのですが、
大手ではない銀座眼科は、大手以上の低料金でレーシックを行っていました。

その結果、感染症にかかってしまったわけです。
感染症を防ぐためには、定期的にしっかりとメンテナンスを行っている大手クリニックが安心です。

レーシックには失明も感染症の心配はありませんが、後遺症があります。
その後遺症について詳しく見ていきましょう。

後遺症の種類には、「過矯正」・「ハロ」・「グレア」・「ドライアイ」などがあります。
ここからは、一つ一つの症状・防止・対応を説明していきます。

過矯正

過矯正とは、簡単にいうとレーシック手術を受けた時に矯正し過ぎた事を言います。

強制し過ぎとは、近視が遠視に遠視が近視になることを指します。
実際に近視から遠視になってしまったケースでは、初めてメガネをかけた時のようなクラクラする感じが持続するそうです。

過矯正の原因は、水分量や角膜の形状などの影響により、角膜を削る時に使用する高精度エキシマレーザーのエネルギーが微妙に変化してしまう事です。ただ、目が調整された角膜に慣れていない為に、そのような後遺症が術後短期間に生じる場合もあります。

防止方法としては、術前検査をしっかりと行うことです。
また、お医者さんの指示にもよりますが、「ウェーブフロントレーシック」がお勧めです。

ウェーブフロントレーシックは、レーシック手術の中でも最先端の技術で、簡単に言えば「オーダーメイド」の手術です。
計測器で一人ひとりの眼球全体の凹凸を測定し、そのデータを利用して角膜を削るので確実に誤差を減少させます。

ハロ・グレア

ハロは、夜間時に蛍光灯などの明かりを見ると光が膨張したり、眩しくて直視できない感じを受けたりします。
グレアは、夜間時に蛍光灯などの光の周りにボヤーっと輪が架かって見える感じがします。

原因は、様々な説がありますが、その中の一番有力な説では、レーシック手術を受けた事によって起こる光の収差が増えた事、
光の乱反射が慣れなくて上手く調節できない事が原因ではないかとされています。

防止方法としては、やはり術前検査とウェーブフロントレーシックがポイントになってきます。

ドライアイ

ドライアイはご存知の通り目が乾く症状です。涙が調整できません。

原因はレーシック手術を行う過程で、涙を調節する神経を切断してしまうからです。
手術を受ける以上、致し方ないことです。

ただ、一生ドライアイのままではありませんから心配しないでください
切った神経は3ヶ月以内に再構築されますし、コンタクトを使用して「ドライアイ」になった人は、
手術で再構築を促すため完治する可能性があります。

ドライアイによって涙が調整できない期間は、お医者さんが処方してくれた目薬を使って過ごします。

レーシックの後遺症を回避するために

以上が、レーシックの主な後遺症です。
もうお解りかと思いますが、大切な事は、お医者さんとの信頼関係です。

手術の説明・術前検査・術後のアフターフォローをきっちり行ってくれるクリニックを探しましょう。
その上で、レーシックよりも上のランクのウェーブフロントレーシックを受けること。この2つが一番の防止対策です。

以下に、当サイトがお勧めする、日本において最高の技術と設備が整ったレーシック眼科を紹介しておきます。
ウェーブフロントレーシックの実績の高さは、日本の最高峰レベルです。

品川近視クリニック

品川近視クリニック 世界一の症例数を誇り、日本でレーシックを受ける方の約70%が品川近視クリニックを選択。
一部でしか実施されていないDNAアベリーノ検査を実施!
品川近視クリニックの症例数は68万件以上で世界一。誰もが知っている有名人やスポーツ選手も数多く受けています。また、症例数が多いからこそ、経験豊富なドクターも多数在籍し、欧米の一流眼科医が見学に訪れるほど、世界的なレーシック眼科です。

また、品川近視クリニックでは、アベリーノ症を事前に発見するために、医師による診察だけでなく、DNA検査を行っています。DNAアベリーノ検査を受けていれば、安全にレーシックが受けられますが、まだ一部のクリニックでしか提供されていません。
ウェーブフロントレーシック
手術費用
アイレーシック  15万円
アマリス Zレーシック  26万円
最高級アマリス Zレーシック  32万円
割引等 託児所あり
交通費支給制度あり
検査無料
分割払い対応(60回まで)
公式ホームページで詳細を確認 体験談を見る

神戸神奈川アイクリニック

神戸神奈川アイクリニック レーシックの最高峰「iLASIK」症例数No.1
高い顧客満足度と充実のアフターサービスで国内屈指の人気クリニック
神戸クリニックは一人ひとりの眼に合わせて、すべてをカスタムメイドで治療してくれます。個々の眼に合わせた治療は視力だけでなく「見え方の質」をも改善。
レーシックの最高峰「iLASIK」を2008年国内で初めて導入し、症例数は6万症例を超え、国内一の実績を誇っています。

レーシックを受ける場合、後遺症の心配がどうしても付きまといますが、アフターケアに万全の体制をとっていて、追加費用なしで術後検診・追加矯正・合併症治療が受けられるだけでなく、花粉症やドライアイといった目の病気も治療してもらえます。
ウェーブフロントレーシック
手術費用
アイレーシック  35万円
割引等 現金・口座振込割引(3,000円)
遠方割引(1万円)
法人割引
自衛隊、警察官、消防官割引(3~5万円)
検査無料
分割払い対応(60回まで)
公式ホームページで詳細を確認 体験談を見る

SBC新宿近視クリニック

SBC新宿近視クリニック 今までレーシックに慎重だった医師も認めた施術
安心の生涯保証制度&徹底した感染症対策が人気の秘訣
国内トップクラスの経験を持つ医師が執刀。カウンセリングも眼科専門医が行います。「SBCプラチナイントラレーシック」は、角膜の解析から矯正までをコンピュータ制御で行う効果の高い施術で、今までレーシックに慎重だった医師も認めるほど。

治療後のアフターケアや保障も万全です。SBCのプレミアムアフターケアなら、万が一再び視力が低下した場合、無期限の再手術無料保障が付きます。また、専用ホットライン(電話・メール相談)で困ったときなどの相談にもすぐに応じてくれます。
ウェーブフロントレーシック
手術費用
プレミアム iLASIK  28万円
割引等 学生割引(3万円)
消防士・自衛官・警察官職業割引(3万円)
医療従事者割引(2万円)
グループ割引(最大8.4万円)
託児所補助制度
交通費サポート(上限5,000円)
検査無料
分割払い対応(84回まで)
公式ホームページで詳細を確認 体験談を見る